仮想通貨のマイニングとはどんな意味?仕組みや市場への影響は?

仮想通貨のことを調べているとよく耳にするマイニングという言葉。

マイニングって一体なんなの?という疑問をお持ちではないですか?

マイニングとはそもそもなんなのか、マイニングが市場に与える影響はどんなものがあるのかなどをお話ししていきます。

仮想通貨のマイニングとはどんな意味?

マイニング(mining)は日本語に訳すと、採鉱、鉱業、鉱業の、鉱山の、といった意味で、鉱山を掘るという意味で使われます。

ビットコインの取引は送る側と、受け取る側が承認しあって取引が成立します。この承認をする作業のことをマイニングと言います。

このマイニングという作業がないと、ビットコインの取引が成り立ちません。

簡単に言うと銀行の通帳に記帳するようなイメージ。

仮想通貨には、中央集権型非中央集権型とあり、ビットコインは後者の非中央集権型です。

名称の通り、非中央集権なので、誰かが代表して管理しているわけではないということ。

送金等の取引の記録を誰かがやらないと承認ができないので、マイニングはとても重要なことがわかりますね。

厳密に言うとかなり複雑になるので、イメージの話をさせてもらいました。

しっかりマイニングのことや、ビットコインに使われているブロックチェーンという技術を知るには、この本がおすすめです。

仮想通貨のマイニングをすることによって利益を得る人がいる

ビットコインをマイニングすると、報酬としてビットコインがもらえます。

この報酬があることによって非中央集権型のシステムが成り立っているという事になりますね。

マイニングを事業としてやっている会社もあります。最近では、日本の企業もマイニングの事業に力を入れ始めている会社もでてきています。

昔は、家にあるようなパソコンのスペックでもできたそうですが、今となってはスーパーコンピューターのような超ハイスペックなパソコンが必要といわれています。

パソコンのスペックが上がるにつれて、計算時に消費する電力も増えていきます。日本の電気料金でマイニングをすると電気代の方が高くなってしまうともいわれており、個人でマイニングをするのは収益面で大変厳しい状況です。

仮想通貨のマイニングは市場の価格にも影響する

‘17年11月27日12時、時点のマイニングのシェア

マイニングプール別のマイニングのシェア状況

※マイニングプールとは複数のマイナーで協力をしてマイニングを行う仕組み

antpool  19.3%
btc.com 15.9%
viabtc  13.8%
btc.top   12.2%

この上記4つのマイニングプール合わせるとシェアが61.2%になります。

上位4つのマイニングプールだけで過半数以上になっていますね。

しかも上位4つのマイニングプールは全て中国の会社が運営しています。

中でも、1位のantpoolと2位のbtc.comはbitmainという同じ会社が運営しています。

bitmainといえば、ジハン・ウー(Jihan Wu)氏が代表をしている会社です。bitmainだけでマイニングの35.2%のシェアを持っている事になります。

ジハン・ウーという名前、聞いたことありませんか?

ビットコインキャッシュのハードフォークの時に話題になったあの人ですね。

この方です↓

ジハン氏のTwitterアカウント→https://twitter.com/JihanWu

 

ビットコインにとってマイナー(マイニングする人たち)は仕組上、とても重要な存在であり切っても切り離せないもの。

マイニングをするマイナーがいなければビットコインの取引が成立しません。

そのなかでもマイニングのシェアを多く持っているbitmainの代表の発言は市場に与える影響も大きいので要チェックです。

まとめ的なもの

ビットコインにとってマイニングは重要なもの。

大手のマイナーの発言は市場に影響をあたえたりもしますので、チェックしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です