ビットコイン先物がCMEに上場、価格への影響、チャートはどこで見る?

ビットコインの先物の上場で、仮想通貨の市場がどんどん拡大しているのがわかりますね。

先物の上場でビットコイン現物の価格への影響も気になるところですね。

上場直後の値動きや、先物の価格はどこで見れるかを紹介していきます。

スポンサーリンク

ビットコインの先物がCMEに上場

12月11日のCBOE(シカゴオプション取引所)に続いて12月18日にCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)へのビットコインの先物の取引が始まりましたね。

簡単に取引所の説明を

CME:商品先物取引と金融先物取引を扱う取引所で、日経平均先物も取り扱っている。
リンク→http://www.cmegroup.com/trading/bitcoin-futures.html

CBOE:アメリカで最大の株式オプション取引所、デリバティブ(金融派生商品)取引は世界有数の取引量。
リンク→http://www.cboe.com/

 

先物の上場で機関投資家の取引も活発になってくるのかが気になるところです。

取引所の規模はCBOEよりもCMEの規模の方が大きいといわれていますので、現物への影響もCMEの先物の方が大きくなるのではないかと思います。

さらに、ナスダックが2018年の上半期中にビットコインの商品先物取引を上場させると発表がありました。

ナスダックは世界で2番目に大きな証券取引所ですので、先物の影響力も大きくなりそうですね。

ビットコインの先物の上場、現物価格への影響は?

CBOEの時は、取引開始時間から現物が値を上げ始めました。


画像はBitFlyerのBTC/JPY 黄色の線が取引開始時間

CMEの取引開始時は、取引開始時間から値を下げています。

 


画像はCME先物のチャート

 


画像はBitFlyerのBTC/JPY 黄色の線が取引開始時間

 

取引開始時の初値は20650ドル、この時のBITFINEXの価格は19347ドル、BitFlyerの価格は2242843円(ドル換算:19919ドル)

先物の初値は現物より少し高く始まりました。その後、値を下げました。

私見ですが、チャートを見ると上場直後はローソク足もしっかりしていてある程度取引量がありそうですが、時間が経つにつれて値が飛んでいるように見えるので、あまり活発に取引が行われてないように見えます。

スポンサーリンク

ビットコイン先物のチャート

先物の取引量が増えると、先物主導で現物の価格が動いたりもします。

先物の値動きも気にしないといけなくなりそうですが、チャートも見たいところです。

トレーディングビューでCMEのビットコイン先物のチャートが見ることができます。

ただ、データが遅延していてリアルタイムではないようなので注意が必要です。

トレーディングビュー:https://jp.tradingview.com/chart/

左上の銘柄を選択する欄にBTCF2018と入力するとCMEのビットコイン先物のチャートが表示されます。

トレーディングビューの記事↓

仮想通貨のチャートはどこで見てますか?コインチェックは物足りない

まとめ的なもの

CMEのビットコイン先物の上場からまだ時間があまり経っていないので何とも言えないですが、思ったよりも取引量が少ないというのが正直な感想。

現状くらいの取引量が続くのであれば、現物への価格の影響は少なそうな感じがします。

始まったばかりなので、まだまだ分からないですが今後の取引量に注目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です