ビットコインFXのやり方はレバレッジや証拠金、資金管理から

仮想通貨に限ったことではないですが、トレードをする上で資金管理はとても重要。

株やFX(外国為替証拠金取引)、ビットコインのFX、もちろん仮想通貨の現物を取引する上でも同じことです。

2017年の仮想通貨の相場は、価格が上がる一方だったので、長い目で見れている人は資産がかなり増えたと思いますが、2018年は1月からコインチェックのNEM(XEM)のハッキングによる盗難や各国の仮想通貨の規制のニュースが出たりで、ビットコインの価格も一時60万円台まで下落しました。

年初から大きな下落があり、2018年の仮想通貨の相場は2017年と比べて厳しくなりそうな雰囲気がしています。

厳しい相場を乗り切るためにも、資金管理はしっかりしておきたいところです。

スポンサーリンク

ビットコインFXの資金管理(リスク管理)

仮想通貨から投資を始めた人も多いという話を耳にします。

中には、仮想通貨の現物を買うのではなく、いきなりビットコインFXを始めたという方もいらっしゃいました。

株やFXをやってこられた方は、資金管理の大切さは身にしみていると思いますが、自分のトレードを省みたことはありますか?

意外とおろそかにしがちなところだと思います。(私も負け込んでこないと振り返らないので・・・)

仮想通貨の未来に期待して年単位の長期保有をするという方にはあまり関係ないかもしれませんが、単純にトレードで利益を出したいという方には資金管理は非常に重要になってきます。

トレードの回数が増えることは、リスクをとる回数が増えるということですし、自分の資金の何倍ものレバレッジをかけれるビットコインのFXはさらにリスクが上がります。

リスクがある分、リターンも大きくなりますが、うまくいかなかった時は当然損失も大きくなってしまいます。

では、どう考えればいいのか?

一例を出して説明していきます。

例えば投資に使える資金が100万円だったとします。

その100万円でビットコインを購入しました。

自分が考えていた方向には動かずに95万円まで下落してしまい損切りをしたとします。

 

100万円→95万円なので損失は5%

 

次の取引で、なんとか取り返したいと思った時に、5%取り戻せばいいと思ってしまいがちですが、

 

95万円の+5%→99万7500円

 

2500円足りませんね。100万円に戻すためには+5.26%の利益必要になってしまいます。

 

同じ5%でも、勝率50%でトレードを続けて行くと資金は目減りしていってしまいます。

 

さらに損失が30%になると、元の100万円に戻すもはさらに大変になります。

 

100万円の-30%→70万円、70万円→100万円に戻すには+42.86%の利益が必要になってきます。

このように一度大きく資金を減らしてしまうと、元の資金に戻すのも大変になってしまいますね。

仮想通貨は、株や外国為替のFXよりも変動が激しいので、資金を守るためにもどれくらいの損失まで許容できるかを考えて自分の思惑と違う値動きをした時に損切りがいかに大事なのかがわかりますね。

ビットコインFX、トレードのリスク管理

リスクリワードレシオという言葉を聞いたことありますか?

リスクリワードレシオとは

ある期間の「平均利益額」÷「平均損失額」の計算で出る数値のことです。

 

例えば10回の取引で、

 

平均利益額 2万円の利益 × 4回 = 8万円 平均利益額は2万円

 

平均損失額 1万円の利益 × 6回 = 6万円 平均損失額は1万円

 

リスクリワードレシオは 2÷1 = 2

 

 

平均利益額  10万円の利益 × 2回 = 20万円 平均利益額は2万円

 

平均損失額  1万円の利益  × 8回 = 8万円 平均損失額は1万円

 

リスクリワードレシオは 2÷1 = 2.5

こういった感じで計算します。

もうお分かりだと思いますが、リスクリワードの数値が1を下回るとトレードをしていても損失が出ることになってしまいます。

現実的には毎回キレイに2万円の利益とか、1万円の損失といった具合にならないと思いますので、まずは少額でトレードをしてみて、自分のトレードはリスクリワードレシオがどうなっているかを計算してみましょう。

ちなみに私は0.001BTCでやっていました。

スポンサーリンク

ビットコインFXのレバレッジや証拠金(維持率)

レバレッジや証拠金維持率の管理

レバレッジは(BTCの(FX)価格×取引数量)÷ BTCFXの口座の預け入れ金額

 

証拠金維持率は 時価評価総額 ÷ 必要証拠金 × 100

で計算できます。ポジションを取ったときに、取引画面に出ますが前もって計算しておいた方がいいです。

私が使っているビットフライヤーのBTCFXの場合、初期の設定ではレバレッジは3倍、最大で15倍まで設定できます。

証拠金維持率は、ビットフライヤーの場合、80%を下回ると追加の証拠金を振り込む必要があります。また、証拠金維持率が50%を下回ると、強制的にロスカットされてしまいます。

例えば

100万円の投資資金でレバレッジ3倍だと仮にビットコインの価格が100万円の場合、3枚買えます。

 

ビットコインの価格が110万円になると、110万円×3枚=330 ここで利確すると、30万円の利益

 

ビットコインの価格が90万円になると、90万円×3枚=270万円 ここで損切りをすると30万円の損失
(価格が90万円になってしまうと決済をしないと追証ルールが適応されてしまいます)

簡単に考えると、レバレッジはリスクもリターンもレバレッジの倍数に比例するということですね。

自分の投資資金に合わせてレバレッジは検討していきましょう。

ただ、変動が大きい仮想通貨の相場では、レバレッジを大きくかけるのはかなり危険です。

私は、最大でも2倍のレバレッジまでしか利用しないようにしています。

まとめ的なもの

私もそうでしたが、トレードを始めた時はいかに利益を出すかばかり考えて、損失を出した時のことをあまり考えない。ということが多いのではないでしょうか?

そうしていると損失が積み重なり、いつのまにか投資資金の大半を失っていたなんてことも・・・

まずは相場から退場しないのが第一条件です。まずは利益を出すことよりも損失に対して向き合うことが、資産を増やすために重要になります。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です